歌人・鳥居さんをお迎えして――20年目の開館記念日

6月13日(水)、開館記念日の講演会に、歌人の鳥居さんをお迎えいたします。館長に就任する前から、鳥居さんと三浦文学とのつながりを感じており、今回、ご快諾いただけて嬉しい限りです。鳥居さんには、初めての旭川を愉しんでいただきたいと願っています。(鳥居さんのツイッター https://twitter.com/torii0515

2013年8月、この三浦文学館の文学講座で、「綾子さんが作った短歌」という題でお話の機会をいただきました。その最後に、「三浦綾子作品を伝えたい」現代の歌人として、実は、鳥居さんのことをお話し、当時の短歌などをご紹介していました。

 

鳥居さんは、三重県出身。岩岡千景さんによるノンフィクション『セーラー服の歌人 鳥居』(KADOKAWA、2016年)に詳しいですが、母の自死、養護施設での虐待などを乗り越え、学び直しの機会を探し、生きづらさを抱えた人々に手を差し伸べています。そのひたむきな生は、綾子さんの小説の作中人物の生に重なるところがあるように感じています。

 

鳥居さんの第一歌集『キリンの子』(KADOKAWA、2016年)は、第61回現代歌人協会賞を受賞しました。現代短歌では、芥川賞のような大きな賞です。

また、短歌総合誌の連載なども抱える多忙な中、各地で教育に関する講演も熱心に行っているそうです。

とりわけ、鳥居さんが声を挙げたのは、中学校を何らかの事情で形式的に卒業した人々に、学び直しの場を与えて欲しい、ということでした。夜間中学の門は、形式的に義務教育を終えた人々には、開かれていなかったそうなのです。

SNSなどでその問題を訴え続け、国会にもはたらきかけるなど、鳥居さんは努力を惜しみませんでした。その結果、2015年夏、義務教育修了者も、夜間中学で学び直し(再入学)ができるようになったそうです。(文部科学省「義務教育修了者が中学校夜間学級への再入学を希望した場合の対応に関する考え方について(通知)」2015年7月30日 http://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/shugaku/detail/1361951.htm

 

6月13日、鳥居さんからは、さまざまなお話をうかがえそうですね。

私自身が何より心待ちにしております。

 

田中 綾