菱谷良一氏ご講演「『生活図画事件』を語る」

菱谷良一氏ご講演「『生活図画事件』を語る」

6月27日、文学館にて、菱谷良一さんのお話をうかがいました。

1941(昭和16)年9月20日、北海道旭川師範学校(現・北海道教育大学旭川校)の美術部員だった菱谷さんのもとに、特高警察が訪れました。卒業制作に描いた作品が、治安維持法に違反すると見なされたのです。部員ら26人が一斉検挙、拘禁されました。

まだ20歳にもならない有望な学生が、冤罪で、1年3カ月もの刑務所生活を送ることに。菱谷さんは長男でもあり、母親の心労は計り知れないものでもあったでしょう。

仮釈放ののちの、紀元節(2月11日)の日。奮い立った菱谷さんは、自画像を描きました。妹さんの赤い帽子をかぶった自画像。それは、精一杯の抵抗を示したものでした。

現在開催中の「終戦75年」企画展には「生活図画事件」コーナーもあり、講演収録後、さっそくご観覧いただきました。菱谷さんの『生活図画事件 獄中記』の展示はもちろん、当時の旭川師範学校美術部の顧問「熊田先生」=熊田満佐吾氏の書簡(『銃口』読後感)や、熊田氏の絵画集、さらに、ご著書『青年の顔 美術教師の80年』の展示もあり、菱谷さんは熱心にご覧になっていました。

また、同じ美術部員で、すぐれた読書家であったという鏡栄さんには、三浦夫妻が『銃口』を書く際に取材をしていました。その「創作ノート」に菱谷さんのお名前もメモされており、菱谷さんは立ち止まります――。

そして、菱谷さんの、ため息。

『銃口』で描かれた「生活綴方教育連盟事件」のほうは、弁護士も尽力していたのに対し、「生活図画事件」はそれもなく、若い学生の心身を1年数カ月も拘束したのです。この理不尽。

菱谷さんは、それを若い人々にも伝えるべく、講演や取材に熱心に取り組んでおられます。支援する方々は全国におられ、実は当日も、You Tubeへの感想を多くいただきました。

その後、兵役のエピソードや、20年続けた海外旅行でのスケッチ、画集のモチーフなど、お話は尽きず、お見送りも名残惜しさでいっぱいでした……。

来年はかぞえで100歳になられる菱谷さん。個展と、画集の出版も予定されているそうです。今回の菱谷さんのお話、周囲の方々にもおすすめくださると幸いです。

田中 綾

『ひつじが丘』に花を見て佇つ

水無月となりました。みなさま、いかがお過ごしでいらっしゃいますか。

三浦綾子記念文学館は、あたたかなご声援に支えられ、6月6日から開館営業を再開いたします。みなさまに安心してご観覧いただけるよう、いっそう入念に準備もいたしております。野外喫茶や氷点ラウンジで、初夏の旭川もお楽しみください。

さて、芝桜が見ごろの、札幌・羊ケ丘展望台の近くに行ってきました。ちょうど 先日、北海道新聞での連載コラム「新・北のうた暦」で、この一首をご紹介したのです。

作者の高坂百合子さんは、三浦綾子さんの実姉です。

 

ひと一人拒みきれずに惑ひつつ羊ケ丘に羊見て佇つ  高坂百合子

さっぽろ羊ケ丘展望台の芝桜が、目を和ませてくれる時期だ。

放牧された羊たちの姿を前に、しばし「佇(た)つ」作者は、長編『ひつじが丘』も書いた作家・三浦綾子の実姉。ここでは、人間世界の単純ではない関係性に戸惑いつつ、羊の無心なさまに心ひかれているようでもある。

今日もまた、迷える子羊の物語が紡がれているのだろうか。

(2020年5月26日掲載)

 

花々や羊たちの世界に比べ、なんとも複雑な人間世界……。

今回の新型コロナウイルスの感染対策をめぐっても、政治・経済・社会環境はじめ、これまであえて注視しようとしてこなかったものが、複雑に絡んでいることに気づかされました。

とはいえ、それにも増して気づかされたのは、文化や芸術が、私たちのゆたかで安定した精神生活のために欠くべからざるものということでした。

公共図書館がドアを閉ざし、ライブや観劇、映画鑑賞の機会を阻まれたここ数カ月、精神的に「あずましくない」状態が続いたのは、私ひとりではないと思われます。

劇作家・演出家の平田オリザさんは、「芸術文化は社会インフラ」と断言されました。基本的人権を持ち出すのは少々大げさかもしれませんが、ただ生きる、ではなく、よりよく生きる、という人間生活には、文化や芸術はまさに基盤の一つでもあるのですね。

惑いつつ、もがきつつも、よりよき明日のための一歩を選び取っていきたいと感じています。

※羊ケ丘展望台は、6月1日から営業再開とのことです。

田中 綾

企画展YouTube「『銃口』『青い棘』作中人物のことば」

北海道は、桜や、花々の彩りの美しい時季です。落ち着かない日々ではありますが、春はきちんと巡ってきて、生命を育んでくれているのですね。

さて、勤務先の大学で、三浦綾子の作品を読む全15回の授業を開講しました。受講生は、3,4年生の約100人です。現在のところ、学内のシステムを使って講義動画や資料を配信し、グーグルフォームで課題を提出してもらうという遠隔授業を行っています。

自宅待機で不便な思いをしている学生たちに、せめて、三浦綾子作品のことばを贈りたいと思い、企画展YouTube「『銃口』『青い棘』作中人物のことば」を紹介しました。

「この中で、あなたの心に届いた言葉は?」。以下、ほんの数名分ですが、学生らしい感想をご紹介しましょう――

 

『銃口』6(坂部久哉)

「男にとって女は仲間だ。女にとって男は仲間だ。生きていく仲間だ。」(「神楽岡」の章より)

→ 差別社会と言われてきた日本が常に念頭に置いておかなければいけない言葉だなと感じた。女性の差別ばかり取り沙汰されるが、男性の差別が存在してないわけではない。男性も女性もどちらも同じ人間であって、いがみあっていてはなにも生まれない。互いを尊重し合い、互いを尊敬することにより、この世はもっと良くなり、素晴らしいものになるのではないだろうか。

人間、誰しもが間違いを起こす。その時にどれだけ自分と向き合えるのか、どれだけ自分を疑えるのか。それをできる人間になりたいと感じさせられる言葉だったので、選びました。(T.Mさん)

 

『銃口』19(坂部久哉)

「成功ということは、有名になることでも、金持になることでもない。なろうと思う者になれたら、それも一つの成功だ。」(「手紙」の章より)

→ 将来の就職先や自分の人生を考えると、どうしても成功したいと思っている自分がいます。ですがこの言葉を聞くと、「そのようにあまり深く考えすぎないでもいいのかな。」という気持ちに不思議となります。

「本当に自分が好きなことはなんだろう。」「自分のやりたいことはどんなことだろう。」と思いながらこれから少しでも将来の自分と向き合うと、なんだか前向きになれる。そんな言葉に感じました。(M・Kさん)

 

『銃口』30(北森竜太)

「みんなとおんなじ人間は、地球始まって以来、地球がなくなるまで、二度と生まれてこないんだ。」(「裏山」の章より)

→ 自分と全く同じ人間が生まれてこないということは、よく考えれば分かることですが、落ち込んでいる時や自暴自棄になっている時などは忘れてしまいがちなので、そういう時に思い出したい言葉の一つかなと思いました。

また、自分に関わってくれている人や、関わりのない多くの人々も、二度とは生まれてこないということを忘れないように過ごすことが出来たら、現在のような大変な状況でも一人ずつのことを敬えるのではないかなと考えることも出来ました。

この動画は全体的に心に響く言葉が多かったため、一つには絞りにくかったのですが、同じ人間は二度と生まれてこないというのは根本に関わるものかなと思ったため選びました。(K・Yさん)

 

『銃口』69(山田曹長)

「命って厳粛なもんだろう? 様々な人生があって、様々な汗や涙があって、ようやくわれわれがいるというのに、自分一人の命を軽んじて自決などしたらどうなるか。」(「命」の章より)

→ コロナウイルスの影響で生活の全てが変わってしまい、学校にも行けない、大好きなショッピングもできない、全てが規制された生活で生きていることが辛くなってしまっている人がたくさんいると思います。わたしもそうです。今まで伸び伸びと好きなことをして生きてきた分拘束された生活がとても辛いです。自分や家族を守るためだとはわかっていますが、生きるのはとても難しいと実感しました。

ウイルスによる肺炎で多くの人が亡くなっています。生きたくても生きられない人がたくさんいるこんな状況だからこそ、一人一人が自分一人の命の重みを感じなければならないと思いました。(K・Tさん)

 

『青い棘』10(邦越康郎)

「どの国の者たちも、本当に戦うべき相手が誰であったか、それを知らなかったように康郎は思う。」(「雲の影」の章より)

→ この言葉は、戦争というものの悲惨さのみならず、兵士の葛藤などを込めた言葉などではないかと考える。(T・Sさん)

 

『青い棘』22(邦越康郎)

「武力の行使より先に、話し合いという場が、国家間にはあることを忘れてはならないと思います。」(「原爆忌」の章より)

→ 現代でも外交問題の最後の手段として武力行使が挙げられることがありますが、どんなに問題が深刻化しても戦争だけはいけないと思います。戦争が起これば必ず誰かが死んだり傷ついたりしてしまい、その「誰か」は自身か「私たち」の大切な人であるはずです。

戦争は他人事ではないと思います。戦争で誰かが傷つくとわかっているのなら、どんなに時間がかかっても話し合いを行うべきだと思うので私はこの言葉を選びました。(K・Kさん)

 

 

小説の本文を読むときと、抽出されたことばだけを読むときとでは、意外にも印象が異なってくるものですね。私は動画を見て、『銃口』の山田曹長のことばにはっとさせられました。みなさんは、どのように感じられましたか……?

実はまだ、学生たちは『銃口』『青い棘』本文は読んでいません。作中の「ことば」との出合いが、その後の豊かな読書につながることを期待しています。

 

田中 綾

『非国民文学論』を上梓しました

非国民文学論
非国民文学論
紀伊國屋書店様のPOP
紀伊國屋書店様のPOP

 

 

私事ながら、このたび、単著としては3冊目にあたる『非国民文学論』(青弓社)を上梓いたしました。もともとは、2003年~2004年に雑誌「詩学」に連載した拙稿でしたので、十数年かけてようやく世に出た書籍ということになります。

目次は、以下の通りです。

 

第1部 非国民文学論

序 章 いのちの回復

第1章 〈国民〉を照射する生――ハンセン病療養者

第2章 〈幻視〉という生――明石海人

第3章 〈漂流〉という生――『詩集 三人』と『笹まくら』

終 章 パラドクシカルな〈国民〉

 

第2部 〈歌聖〉と〈女こども〉

第1章 明治天皇御製をめぐる一九四◯年前後(昭和十年代)

第2章 仕遂げて死なむ――金子文子と石川啄木

 

「非国民」という言葉は、文学作品では日清戦争後に使用例が見られますが、常に他称として存在したと思われます。特に昭和の十五年戦争下、その言葉は、国を挙げての戦争に協力的ではないと見なされた人々に向けられました。しかも、身体面がその基準の一つとなったのです。

そのため、兵役につくことのできない病者や、徴兵検査で「丙種」合格になった人々(召集をうけない第二国民兵)は、総力戦の時代には疎外されてしまいます。精神的には国に従順な民であっても、身体的には非国民と称される立場に置かれるという、逆説的な問題が生じてくるのです。

また、徴兵拒否を選んだ少数の成人男性もいましたが、かれらは身体面での自由を求めようとして、逆に、身体的な不自由さをみずから引き受けるという逆説的な立場に追い込まれました。

それらを、文学作品を引用しながら考察した拙著ですが、その中で触れなかった歴史的事実を、一つ、ご紹介しましょう。

 

かつての大日本帝国憲法第20条には、「日本臣民ハ法律ノ定ムル所ニ従ヒ兵役ノ義務ヲ有ス」とありました。ところが、昭和初年施行の兵役法第1条には、「帝国臣民タル男子ハ本法ノ定ムル所に依リ兵役ニ服ス」とあり、兵役を担うのは「帝国臣民タル男子」と限定されていたのです。

そのため、1926年から27年にかけての第52回帝国議会で、これら両条文についての質問と答弁が行われました。兵役義務を男性だけに限定するのは憲法違反ではないか、という質問に、苦しい答弁が記録されています。それに基づくと、憲法第20条にいう「日本臣民」とは男性だけということになり、兵役法は男女差別法であるということが、むしろ明らかになったのでした。

 

現在、新たな日本国憲法が施行され、兵役法は存在していません。けれども、こうした近代日本の過去の経緯を知っておくことは、私たちにも必要なものと考えています。

 

田中 綾

三浦綾子原作の映画をDVDで

全国的、また国際的にも新型ウイルスが話題となり、日々の報道を見守っているこのごろです。当文学館では、これまで以上に館内の徹底した清浄、殺菌、マスクの着用等に気を配り、みなさまが安心してご来館いただける環境づくりに尽力しております。

さてこの1週間、私は外出を控え、在宅で文筆業に専念しています。締切と締切の合間の愉しみは、久々のDVD鑑賞の時間です。
三浦綾子原作の映画で、現在文学館でも取り扱っているDVDは3本。さっそく、その感想を記してみます(出演者の敬称略)。

『氷点』(山本薩夫監督、1966年)
旭川の雪景色と、アイヌ文化を要所要所に織り込んだ映像美。
原作からどの部分を抽出するかが脚本家の腕でしょうが、脚本家水木洋子は、辻口病院で退院前日の患者が自死を選んだエピソードをきちんと抽出し、慧眼と感じました。原作のセリフも最大限活かされています。
キャスティングは、ベテランの余裕と貫禄が感じられ、とくに、辰子役の森光子はベストキャスト!
実は初読のことから、キップも良くて情もある辰子は、森光子か杉村春子(ちょっときついかしら?)と考えていました。
唯一、陽子役の安田(大楠)道代が高校生には見えなかった……というのは、私だけでしょうか。

 

『塩狩峠』(中村登監督、1975年)
モデルとなった長野政雄殉難の2月に観るにふさわしい、緊迫感のある映像。明治期を再現させたカメラワークに、敬意を表します。
キャストでは、ふじ子を演じた可憐な佐藤オリエが印象深く、ラストシーンまで一気に見続けてしまいます。佐藤オリエのご父堂が、三浦夫妻とも交流のあった彫刻家・佐藤忠良という縁など、さまざまなエピソードも。

 

『海嶺』(貞永方久監督、1983年)
超大作を、96分にまとめあげたスタッフの苦労が思われる作。キャストは、西郷輝彦、竹下景子、あおい輝彦、火野正平ら豪華なメンバーに加え、14歳の仙道敦子がういういしい姿をちらっと見せています。
前半、鎖国の時代とアメリカでの物語世界に入り込むまで、いくらか時間が必要ですが、後半は緊迫の映像。とくに、マカオから故郷を目指す船旅に、目が釘付けになります。故郷に上陸目前という岩吉らに向けて、容赦なく砲撃を加え、“棄民”の意思を表明する共同体――為政者の判断と、民の郷土への愛との落差は、むしろ今日的な問題でもあるでしょう。
ちなみに、漫画版の『海嶺』(いのちのことば社、2017年)もおすすめです。

平常な生活に戻るまで、今すこし時間はかかるかもしれません。けれども、一日一日のかけがえのないひとときを、大切に過ごしてまいりましょう。

田中 綾

文学離れ? 文学館離れ?

三浦綾子 読書調査グラフ
三浦綾子 読書調査グラフ

昨年度から、勤務先の大学の「日本文学史Ⅱ」(近・現代の文学史)という授業でアンケートを行っています。質問は、ずばり「三浦綾子の作品を読んだことがありますか?」。
今年度の受講生は、人文学部の1~4年生で、109人から回答が寄せられました。

三浦綾子の作品を
→ 読んだことがある・・・11人 (10%)
→ 名前は知っているが、読んだことはない・・・59人(54%)
→ 今回初めて聞いた・・・39人(36%)

昨年度の調査では、「今回初めて聞いた」が「45%」でしたので、それよりはいくぶん認知度が回復したでしょうか。
とはいえ、「読んだことがある」学生が1割というのも、地元・北海道の大学としては、やはり寂しい結果です。

ちなみに、「読んだことがある」学生の三浦作品は、こうでした(複数回答)。

『塩狩峠』7人   『氷点』5人   『続氷点』1人  『ひつじが丘』1人
『泥流地帯』2人  『道ありき』2人

『塩狩峠』にふれたことをきっかけに、塩狩峠記念館を訪れたという回答もありましたが、これまで訪れたことのある文学館等を尋ねたところ~(複数回答)

北海道立文学館 21人   市立小樽文学館 15人   函館市文学館 3人
三浦綾子記念文学館 2人  宮沢賢治記念館 2人   井上靖記念館 1人
塩狩峠記念館 1人     旭川文学資料館 1人   有島記念館 1人
渡辺淳一文学館 1人

「地元だから訪れた」という理由が多いようですが、地元ではなくても、はるばる足を運びたくなる文学館には、どのような要素が必要なのでしょう――美術館や博物館にはない“文学館の魅力”を、いろいろと探っていきたいと思います。

田中 綾

頌春 大河ドラマの予習・復習に~『細川ガラシャ夫人』

初春を迎え、みなさまの御多幸を心よりお祈り申し上げます。

今年のNHK大河ドラマ『麒麟がくる』は、戦国時代の明智光秀が主人公ですね。長谷川博己さんが演じ、シャープな光秀像が期待されるでしょうか。 明智光秀の娘といえば、細川ガラシャ(玉子)。そう、三浦綾子初の歴史小説『細川ガラシャ夫人』(主婦の友社、1957年)のヒロインです。

明智光秀の娘・玉子は、16歳で細川忠興に嫁ぎ、子どもにもめぐまれます。ところが、父・光秀が織田信長に叛旗をひるがえしたため、一転、逆臣の娘という立場に。 家族とも引き裂かれ、人間らしい生き方をさぐる中で、信仰に目覚めます。時代はキリシタン弾圧のさなかですが、洗礼を受けることを決意し、みずからの意志を貫くのでした。 そして最期は、細川家の人間という運命にしたがって、38歳の若さで死を受け入れることに――。

フィクションとしての『細川ガラシャ夫人』の読みどころは、三浦綾子によるオリジナルキャラクター「初之助」の存在でしょう。 足軽の息子で、玉子より5歳上の初之助。身分は異なりますが、苦難に遭う玉子(のちのガラシャ)をそっと助け、励まし、最期まで見守るという役割です。 “苦しいことが起こっても、あなたには、必ず助け、寄り添ってくれる人がいますよ”という三浦綾子からのメッセージのような人物といえるでしょうか。

大河ドラマのほうは、明智光秀の前半生ということで、玉子誕生以前の物語かもしれません。ですが、予習・復習に(?)、『細川ガラシャ夫人』をぜひご一読ください。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

※動画中のイラスト2枚は、上小倉宏幸さんの作品です。

田中 綾

全国大学ビブリオバトル北海道地区決戦開催

全国大学ビブリオバトル北海道地区決戦開催

11月17日、「全国大学ビブリオバトル北海道地区決戦」が、三浦綾子記念文学館で行われました。5分間で本の紹介を行うコミュニケーション・ゲームの「ビブリオバトル」、当館での大学生の地区決戦は3年目となります。

http://zenkoku.bibliobattle.jp/zone_yosen/hokkaido_ab

今年は、「Aブロック」「Bブロック」の2つの地区決戦の会場となり、それぞれ5人のバトラー(発表者)が出場しました。室蘭工業大学からは留学生も出場し、ビブリオバトルが国際化していることにも刺激を受けました。

会場の約30人による投票で選ばれた「チャンプ本」は、次の2冊です。

・Aブロック『金持ち父さん貧乏父さん』(ロバート・キヨサキ著、白根美保子訳、筑摩書房、改訂版、2013年)

・Bブロック『お嬢さまことば言葉速修講座』(加藤ゑみ子著、ディスカヴァー・トゥエンティワン、改訂版、2017年)

『金持ち父さん貧乏父さん』は、以前ななめ読みしたことがありますが、『お嬢さまことば言葉速修講座』は未読。内容とタイトルに惹かれ、さっそく購入してみました。

「お嬢さまことばの背景には、基本的に、健全な自己肯定感があります」(p169)、その健全な自己肯定感とは、「~ねばならぬ」という意識から解放されたニュートラルな状態で、その状態だからこそ、他人の良さに目を向け、褒めことばをたくさん持つことができるのだとか。近年の若い世代は自己肯定感に乏しいとも言われますが、この本は、そんな心を少し軽くさせてくれるものかもしれません。

普段なじみのない本と出合える「ビブリオバトル」、今回も発見と好機をいただいたように思います。発表者のみなさん、ご苦労様でした!

全国大会は、12月22日に東京・大手町で開催されます。三浦綾子の本が紹介されることも、ひそかに期待しつつ……。

末尾ながら、みなさま、どうぞ佳き新年をお迎えくださいますよう。

田中 綾

氷点ラウンジ、オープン!

昨年9月にオープンした「分館」ですが、10月12日に、リニューアルオープンいたしました。https://www.hyouten.com/hyoutenlounge “ヒト・コト・モノが出会う待合室”をコンセプトに、“世界でたった一つ”のオーダーメイドグッズと“出会える”空間となっています。 たとえば、ひときわ目を引くのは、何種類ものイラストによる特製ブックカバーや、B5サイズのノート。デザインは、旭川市や和寒町など文学館近隣で活躍するクリエイターの方々によるものです。

私のお気に入りは、内側のページや表紙のタイトルなども選べるB5ノート。さっそく、レッド系のクリスマスカラーの表紙に「AYA NOTE」のタイトルを入れてもらい、縦書きにも横書きでも対応できる方眼紙のページを選んで作ってもらいました。

また、三浦綾子の写真がデザインされたノートの中身は、三浦文学の言葉が大きく印刷された「なぞり書きノート」です。薄く印刷されたその言葉を、ペンなどでなぞって、一文一文をかみしめながら書き写すことができます。

ところで、リニューアルオープン当日、文学館のボランティアさんたちの話題を集めていたのが、オリジナルコーヒーカップでした。三浦綾子のシルエットをあしらった大きめの器で、こちらは非売品(だからこそ、ぜひ分館でお手にとってみてください)。 本館カフェとはまた異なる趣きで、「氷点オリジナルブレンドコーヒー」はじめ、「焼きドーナツ(プレーン/チョコ)」のボリューミーな美味しさも堪能できます。

そして、コーヒーを運ぶトレイに敷いた1枚の紙にも、ぜひご注目ください。綾子さんが口述して、光世さんが書き取った『果て遠き丘』の原稿が印刷されているのです。句読点の確認や、書き直し、うっすら見える“見せ消ち”部分など、テクスト・クリティークに挑戦したくなる興味深い資料となっています。

カレンダーも、残すところ2枚。さて、今日もコーヒーで暖まりましょう。

田中 綾

三浦綾子と太宰治

話題の映画『人間失格 太宰治と3人の女たち』(蜷川実花監督、小栗旬主演)を観てきました。太宰治の生誕110周年を機に映画化されたそうですが、3人の女性たちを演じた、宮沢りえさん、沢尻エリカさん、二階堂ふみさん、それぞれに存在感があり、“女優魂”なるものを感じさせられました。

三浦綾子の、とくに初期作品には、太宰治の名前がいくつも登場しています。

印象的なところでは、高校生サチコの日記体で書かれた「雨はあした晴れるだろう」(初出1966年)の前半部分。よく知られた「生れて、すみません」(太宰治「二十世紀旗手」)にふれた箇所があります。

 

太宰治はどうして自殺したのだろう。

生マレテキテスミマセン

こんな悲しいことばを知った人は、死ぬよりしかたがなかったのだろうか。太宰治は必死になって生きていた。わたしはそれがわかるような気がする。

わたしもまた、必死になって生きてゆきたい。しかし、生きるっていったいなんなのだろう。

(略)

人生って、恋だけのためにあるんじゃないって、ハッと気づく日がくるのではないだろうか。

それでもいい。ハッと気づく日がきたら、また、その日から生き直せばいい。

『雨はあした晴れるだろう』北海道新聞社、p22~23

 

太宰治の苦悩の選択にふれなから、多感なサチコに、生きることの意味を自問させ、生き続けることの重みを発見させたくだりです。少女らしい潔癖さと、ひたむきさもうかがえますね。

かぞえると、三浦綾子は、太宰治より13歳年下。そんな綾子の読書体験にも思いを馳せながら、秋の夜長の読書もお楽しみください。

田中 綾