き花――文学館オリジナルパッケージ、誕生!

6月13日の開館記念日に、新たな「おみやげ」が誕生しました。
壺屋総本店さんの銘菓「き花」(きばな)。香ばしいアーモンドガレットに、ホワイトチョコをサンドしたお菓子で、私も子どものころから親しんできたスイーツです。
三浦文学館オリジナルパッケージは3種類で、デザインは、旭川市在住の齋藤玄輔さん。
やわらかいタッチで、心がほんのりあたたまる、素敵なデザインです。

さて、「き花」とは珍しいネーミングですが、その原典は、齋藤瀏の第二歌集『霧華』(1929年)に由来するとか。軍人で、第七師団に二度赴任した、旭川ゆかりの歌人です。
「きばな」は、現在でいうダイヤモンドダスト現象のことですが、そこに「霧華」の漢字をあてたのが齋藤瀏だったのですね。エッセイに、次のように書かれています。

「霧華とは、一般には霧氷又は樹氷などとかかれて居る『きばな』に私が宛てた文字である」(「旭川の四季」)

そして、齋藤瀏は、北国の神秘的な冬の姿をさまざまに歌っていたのでした。

・霧にそまりあかあかと陽はのぼるなり霧華凝(こ)りたる森に沁みつつ

・ほのかなる光となりて降りにけり大木の霧華おのづから散り

・すみ深き星夜の空にぬきいでて木々の霧華のおのれ照りたり

歌人・齋藤史は齋藤瀏の娘ですが、父娘二人で、霧華の美しさに心ひかれていたさままで想像されます。

ところで、「き花」は大きさが2つあり、三浦文学館のものはミニサイズのほうです。4枚入り350円とお手頃なので、ちょっとしたプレゼントなどに、どうぞ。

田中 綾

 

※参考文献……石山宗晏・西勝洋一『道北を巡った歌人たち』旭川振興公社、2013年