三浦綾子の小説を、AIが解析!?

人工知能(AI)が、俳句を自動的に作る! AI俳句「一茶くん」プロジェクトはご存じでしょうか。

https://www.s-ail.org/works/aihaiku/

俳句や短歌、さらにはSF短編などをAIが自動で「出力」する試みは、実は、ずいぶん前から取り組まれています。しかも、小説をテキストデータとみなして解析するというツールも公開されています。

その中の1つ、株式会社ユーザーローカルによる「AIテキストマイニング」。無料版は、インターネットでアクセスでき、誰でも使用することができます。

https://textmining.userlocal.jp/

検索するとすぐに「解析したいテキストを入力する」ページが現れるので、そこに、たとえば三浦綾子の『泥流地帯』の文章の一部を入力してみましょう。
図・1のように、「ワードクラウド」の提示や、「共起キーワード」の図示、加えて単語の色分けや、出現傾向の似た単語の樹形図も示してくれます。

文学研究として興味深いのは、「単語出現頻度」(図・2)ですね。使用された名詞と動詞、さらに形容詞と感動詞も分類して可視化してくれるので、その小説の語彙の特徴や、作家の文体研究の手がかりにもなりそうです。

今回の入力箇所は、大音響が迫るあの「山津波」のシーンなので、「向う」「流れる」「逃げる」「呑みこむ」など、「動詞」が多く使われていることがわかります。

もちろんこの無料版には限界があるのですが、読書会などでの話題づくり、また、小説を通したコミュニケーションの糸口として、興味深いツールと感じています。
ご自分の文章も解析できますので、一度、試してみてはいかがでしょう。

田中 綾

※今回、解析した文章は、三浦綾子『泥流地帯』「轟音」のこちらの部分です(新潮文庫、52刷より。675文字)。

拓一と耕作の目が恐怖におののいた。
「じっちゃーん! 山津波だあーっ! 早く山さ逃げれーっ!」
 二人の足ががくがくとふるえた。
「何いーっ!? 山津波―っ?」
「早く早く、早く逃げれーっ!」
 二人は声を限りに絶叫する。市三郎が家に向って何か叫び、キワと良子がころげるように飛び出して来た。三人が山に向って走り出す。それがもどかしいほどに遅く見える。
「ばっちゃーん、がんばれーっ!」
「良子―っ、早く早くうーっ!」
大音響が迫る。市三郎たち三人がようやく山道に辿りつく。ハッと吾に帰って、拓一と耕作が山道を駆け出す。が、山津波の襲来は早かった。
「ドドーン」
「ドドーン」
 大音響を山にこだましながら、見る間に山津波は眼下に押し迫り、三人の姿を呑みこんだ。
 拓一と耕作は呆然と突っ立った。丈余の泥流が、釜の中の湯のように沸(たぎ)り、躍り、狂い、山裾の木を根こそぎ抉(えぐ)る。バリバリと音を立てて、木々が次々に濁流の中に落ちこんでいく。樹皮も枝も剥がし取られた何百何千の木が、とんぼ返りを打って上から流されてくる。
と、瞬時に泥流は二丈三丈とせり上って山合を埋め尽くす。家が流れる。馬が流れる。鶏が流れる。人が浮き沈む。
「ばっちゃーん! じっちゃーん! 良子ーっ!」
二人の声が凄まじい轟音にかき消される。拓一がふり返りながら、合羽を脱いだ。
「耕作、おれ助けに行くっ!」
「危ないっ! 兄ちゃん、駄目だっ! 兄ちゃんが死ぬっ!」
「死んでもいいっ! 耕作、お前は母ちゃんに孝行せっ!」
言ったかと思うと、拓一は泥流に向って駆け降りた。